ライターズブルース

読むことと、書くこと

 読むことと、書くことについてのブログです。基本的には毎週一冊、何か本を題材として、読みながら考えたことを書いています。

──ブログタイトルの変更(2024年3月)──
 じつはブログを始めるよりも、ドメインを取得したのが大分前になります。そのときは、フリーライターという仕事を辞めて数年経って、そろそろ何か書こうかなあとぼんやり考えてはいたものの、何を書くかは決めていなくて、ただなんとなく「ライターを続けていたら書けなかったことを書くことになるんだろうなあ」と思いました。それで「writersblues.jp」というドメイン名にしました。
 ブログタイトルも最初から「ライターズブルース」にしておけばよかったようなものですが、
「捨てられない本」について書くことによって、ライター時代に考えていたこととか、それを辞めようと思った理由のようなものについても振り返ることができたので、まあそれはそれでよしとしようかと。
 どうやら私は、良い原稿を書こうとした結果、書く仕事を辞めることになったわけで、そういう人が読みながら考えて、考えながら書けば、それはたぶん「ブルース」と称するもの(上手下手は別として)になるんじゃないかなあと、相変わらずぼんやり思っているところです。

──ブログ「捨てられない本」を始めたときの説明書き(2023年3月)──
 引越しにあたって本を処分しました。どの本を残してどの本を手放すか、あの作業ってけっこう難しいですよね。考えたり迷ったりしているうちにあれよあれよと時間は過ぎて、この調子ではとても間に合わないと悟り、もう何も考えずにぼんぼん箱詰めするしかない。結果、段ボール17箱分を業者さんに引き取ってもらって、引越し先に持ち込んだのは5箱分でした。
「精選したね」と言ってくれる人もいますが、ほど遠いです。ほど遠いけれども、まったくの無作為とも言い切れない。ずっと手元に置いておきたい本もあるし、なんとなーく手放せなかった本もあり、どうして処分しなかったのかと首を傾げてしまう本もある。必然と偶然のないまぜ。
 ほんとうは引越し前に一冊、一冊、手に取って精選できればよかったけれども、そうはできなかったのだから、後からでもいいんじゃないか。何かの因果で道連れになった本を開いて、考えたり書いたりしてみれば、何かわかることがあるかもしれない。そういうブログです。ブックガイドにはならないと思いますので、悪しからず。
(手放したけど結局また書い直した本、なんてのもそのうち出てくるかも)

プロフィール
id:writersblues はてなブログPro
ウェブサイト
https://www.instagram.com/sa10wakako/?igshid=ZjE2NGZiNDQ%3D
ブログ投稿数
70 記事
ブログ投稿日数
69 日